真夜中に魔物がおそってきた!夏だから

mamo
金縛り?あれは一体何だったんだろう   何日か前のことになります。 多分、真夜中。   就寝中。   ふと気づくと、金縛りにあったのか   ...

金縛り?あれは一体何だったんだろう

 

何日か前のことになります。

多分、真夜中。

 

就寝中。

 

ふと気づくと、金縛りにあったのか

 

身体が動かず、声も出せない。

 

何か比重の大きな、重たい感じの何かが

私に向かってズンと襲ってきた。

 

真夜中だし、就寝中だし、

ご先祖供養ちゃんとさせてもらってるし、(関係ないかも)

 

これは何?

と考えたわけ。

 

声にならない声で、思わず、

「どうぞ、お帰り下さい」と叫んだけどまだ感じる。

 

九字をきろうとしたけれど

九字が思い出せなかったから

「エイッ」とはらってみた。

 

九字とはこれのこと。

「臨・兵・闘・者・皆・陳・烈・在・前」

(りん・びょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん)

 

九字も効かない?

 

失せろ~

 

で、身体が動くようになった。

 

こんなことめったに無いことだから

「あ~、おそろしかった。」と思いながらも

 

うとうと。

 

 

で、

 

又、来たのよ。

ドンって。

 

魔物め!

 

失せろ~」

「エイッ、エイッ、エイッ、」

 

 

不気味すぎるけど、起きるのも怖い。

 

 

夜中だし、時間の経過はわからない。

 

 

まただ!

 

感じる!何かがくる~

 

思わず、

 

「よるな~」 と動かせない手で防御した。

 

 

もう、夏だからって、こんなこと嫌だ!

 

 

3回とも上向きで寝ていたときだったから

それからは横向きで身体を丸めて寝てみた。

 

無事朝を迎えることができたので

こうして書くことができているんだけど。

 

 

何故、書こうと思ったのか。

 

それは、あれから何日もたった今日、

ふと、気付いたから。

 

それは、私は魔物だと思ったんだけど

 

あれは、私の身体の不調だったんじゃないだろうか。

 

襲ってきた、魔物を必死で振り払ったから

身体が動くようになったのは

 

自己防衛力が働いたからかもしれない。

 

 

3回目に、「まただ~」ときたときに

防御せず、そのままドンって受け入れていたら?

 

私、朝を迎えられなかったんじゃないかな?

 

心筋梗塞か心不全か何かでね。

 

 

自然と横向きに寝たのだって、

心臓を庇ったのがよかったのかもしれない。

 

 

何日かたって、ふと気づかせてもらったのかな。

 

ありがたいね。

 

 

身体を大切にしないとね。

 

 

 

 

PREV:インスリン注射を打ってみる
NEXT:糖尿病と心不全・心筋梗塞の繋がりを調べてみる