食後眠くなるのは糖尿病の初期症状の1つです

z
食後眠いのは食べ過ぎのせいです。   食後眠いからと言って、糖尿病と決めつけるのはだめですが、 糖尿病の初期症状の1つに食後眠くなることがあります...

食後眠いのは食べ過ぎのせいです。

 

食後眠いからと言って、糖尿病と決めつけるのはだめですが、

糖尿病の初期症状の1つに食後眠くなることがあります。

 

食後眠いのは血液が胃や腸に集中するため脳の血液量が少なくなるからだそうです。

 

 

まだ糖尿病の自覚が無いときのことです。

 

その頃は、何故こんなに眠いのだろう?と思っていました。

 

朝食後から、ウトウトが始まり

昼食後に至っては、TVを見るよりも眠気が勝つ異常なほどの眠気でした。

 

あろうことか、夕食後でさえウトウトすることもあったのです。

 

年を取ると、睡眠時間が少なくなるというのに、正反対に寝倒していました。

 

流石に夜の眠りは浅いものでしたが、

1日のうち、半分以上寝ているような気がしました。

 

 

外出する日は、食後でも眠くなることがなかったので、

家ではぼ~としているから、眠いのだろう。

 

どうしてもしなければならないことないんだから
しょうがないよね、と、それ程気に留めませんでした。
でも食後眠いのは、食後の高血糖のせいだったのです。

 

治療を受けだしてから、昼寝はたまにすることがありますが、

血糖値の徐々にさがってきているので

随分良い睡眠が取れていると感じます。

 

 

睡眠不足という睡眠障害があれば

睡眠過多という睡眠障害もあるのですね。

 

 

食後眠くて仕方がない、チョット病的なのでは?と思ったら

早めに、血糖値を調べてみて下さい。

 

 

PREV:こむら返りが頻繁におきたら糖尿病を疑え?
NEXT:ラジオ体操は子供たちの夏の風物詩と思っていました